アイスランドの水

水道水は飲めるけど、お湯は注意が必要

アイスランドの水道水には湧水が使われていて、そのまま飲用できます。(特にお腹をこわす心配はしなくても大丈夫です。)
ミネラルウォーターも売られていますが、1本300円程度と高いので、水道水を活用するといいでしょう。
なお、蛇口から出てくるお湯は硫黄分を含んだ温泉ですので注意が必要です。
管理人は冬に訪れたので、お湯を沸かして紅茶を煮出し、それを水筒に入れていたのですが、蛇口からぬるま湯を出したものをポットで沸かしてしまった結果、とても硫黄臭い紅茶になっていましました。
アイスランドで飲用にお湯をわかす際には、必ず冷水から沸かすようにしましょう。

      ・宿泊したホテルのキッチン。奥の蛇口がお湯で、手前が水です。ポットの時間を短縮しようとお湯を出して沸かしたところ、硫黄の匂いがスゴイ紅茶が出来上がってしまいました。

 

レストランや食堂では水が無料で提供される

アイスランドのレストランはとても物価が高く、レストランでソフトドリンクやアルコールを注文すると、1杯1000円近くかかります。
しかし、ラッキーなことに、レストランでは水が無料で提供されます。もしお水が無い場合はいえば出してくれますので、無理にドリンクを注文する必要がないので安心です。

    ・写真左上が提供される水。ホテルのレストランだったのですが、飲み物を聞かれて、水を注文したら立派なカラフェに入った水が出てきました。

 

アイスランドのトイレ

トイレは清潔で快適

アイスランドのトイレは水洗式で清潔で紙も備え付けられていますので、快適に用が足せます。
また、比較的清掃も行き届いていることに加え、気温が低いため、雑菌が繁殖しづらいことから汚いといった印象を受けることはないでしょう。

ただし、公衆トイレが少ないので、出かける前にホテルで済ませておくか、博物館やカフェ、レストランなどのトイレを利用するようにするといいでしょう。なお、ほとんどのトイレは無料ですが、一部のカフェや博物館では有料(100円程度)となりますので注意しましょう。

  • ツアーで立ち寄ったカフェのトイレ。
    便器自体は清掃が行き届いており、清潔でした。
    また、手洗い場では温風乾燥機が置いてあったのには驚きました。